コスメ好き30代主婦が綴る節約奮闘日記

趣味を楽しみながら節約も頑張る30代主婦が実践する節約法やお得情報をご紹介

トイレットペーパーを節約するならシングルを選ぶべき理由


f:id:kashikochan:20170813105008j:plain

 

 

トイレットペーパーは毎日使う分消費ペースが早いですよね。

大家族だったり、女性が多い家庭だったり、お客さんが頻繁に来るといった場合はより減りが早いかと思います。

 

そんな中でもできるだけトイレットペーパーを節約したいのであれば、『シングル』タイプを選ぶことをオススメします。

トイレットペーパーには『シングル』と『ダブル』の2種類があり、シングルタイプの方が断然節約効果が高いんです。

 

それは一体なぜなのか?というわけで今回は

『トイレットペーパーを節約するならシングルを選ぶべき理由』

について紹介したいと思います!

スポンサーリンク
 

トイレットペーパーを節約するならシングルを選ぶべき理由その①
1ロールの長さが違う

f:id:kashikochan:20170814160307j:plain

 

シングルは1枚の薄い紙ですが、ダブルは2枚重ねになっていますよね。

ダブルは2枚重ねになっている分、1ロールの長さはシングルの1/2という場合が多いんです。

メーカーやブランドごとに誤差はありますが、大体は

  • シングル:114mm(幅)×60m(長さ)
  • ダブル:114mm(幅)×30m(長さ)

の大きさになっています。

これはJIS規格(日本工業規格)によって長さや大きさに規定が設けられている為。

ダブルは2枚重ねになっている分、巻き数が多くなると分厚くなって規定から外れてしまう為、長さを短くして調節しているというわけです。

 

同じメーカーで同じブランドの商品であれば値段も同じである場合がほとんどなので、1ロールの長さが長いシングルの方がお得です。

 

トイレットペーパーを節約するならシングルを選ぶべき理由その②
1回に使用する長さはほとんど変わらない

f:id:kashikochan:20170814172326j:plain

 

全国家庭用薄紙工業組合連合会の調査によると、トイレットペーパーの平均使用量(1回分)は

  • シングル:89cm(小の時)と177cm(大の時)
  • ダブル:66cm(小の時)と146cm(大の時)

というデータが出ています。

ダブルが2枚重ねになっているからといってシングルの1/2の量で済んでいるかというと、そうではないことが明らかになっていますよね。

これは

  • 『いつもの長さ』がすでに身に付いている
  • ある程度の長さを引き出さないと安心感が得られない

といった『習慣』と『感覚』が大きく影響している為。

 

シングルでもダブルでも引き出す長さが変わらないのであれば1ロールあたりの長さが長いシングルの方がお得、というわけです。

スポンサーリンク
 

トイレットペーパーを節約するならシングルを選ぶべき理由その③
紙質(柔らかさ)は変わらない

f:id:kashikochan:20170814172949j:plain

 

ダブルの方が2枚重ねになっている分柔らかくて紙質が良い、というイメージを持つ人が多いかと思いますが、そもそもトイレットペーパーには『表』と『裏』があることをご存知ですか?

表はトイレットペーパーが巻かれてある状態の外側の部分のことで裏はその反対側。

表は柔らかく滑らかな加工になっているのに対し、裏は少しけばだってザラついています。

ダブルが柔らかく感じるのはこの裏同士をくっつけて両面とも表になっている為

一方のシングルは裏がむき出し状態なので、ダブルとの違いを感じやすいというわけです。

紙質でダブルを選んでいるという人は、一度シングルの表側を意識して使ってみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

いかがだったでしょうか。

毎日使う日用品だからこそ、トイレットペーパーの節約も意識していきたいですよね。

参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク