コスメ好き30代主婦が綴る節約奮闘日記

趣味を楽しみながら節約も頑張る30代主婦が実践する節約法やお得情報をご紹介

水道代の節約術!今すぐ簡単に始められる4つの方法

f:id:kashikochan:20170717111815j:plain

夏場になるとやたら水道代がかさみませんか?

汗をかきやすい夏は
シャワーを浴びる頻度や洗濯物が増えたり、
子どもたちをビニールプールで遊ばせたりと
水を使う機会が何かと多くなりがち。

ウチの家庭の場合は夫がとにかく『ぱなしマン』。
出しっぱなし・開けっぱなし・置きっぱなし、
何でもそのまま放置するクセがあります(-"-)

なので水の出しっぱなしなんてことも日常茶飯事で、
しかも蛇口をめいいっぱいひねるもんだから水量は最大値。
そんなに出す必要ないだろー!っていう。。。

 そんな困ったさんのいる家庭含め、
少しでも水道代を節約したいと思っている方必読!

今回は私が実践している
水道代の節約術
についてご紹介したいと思います!

今すぐ簡単に始められる簡単な方法です♪

スポンサーリンク
 

今すぐ簡単に始められる水道代の節約術その①
使わない水は出しっぱなしにしない

水を使わなければ水道代がかかることはないので当然節約になります。
とはいえ日常生活を送る上で水を使わないなんてことは不可能なので、
使わない水は出しっぱなしにしないというのが
まずは水道代を節約する大原則。

そんなこと分かってるよ!当たり前じゃん!
と思う人が多いでしょうが、
案外しっかりできていない人が多い気がします。

例えば

  • 歯を磨く時
  • 顔や手を洗う時
  • 食器洗いの時

蛇口をひねって一旦水を止める
というひと手間をちゃんとしている人が
一体どれくらいいるでしょうか。

ついついめんどくさくて・・・
ちょっとだけだし大丈夫でしょ
なんて思っていませんか?

塵も積もれば山となる

そういった毎日の小さな『無駄』が
最終的に大きな出費になります。

節約は日々の意識と努力の積み重ねですよ~。

今すぐ簡単に始められる水道代の節約術その②
元栓を調節する

そうは言っても家族がなかなか協力してくれない・・・
そんな悩みを抱えている人もいるはず。

自分だけ頑張っていても
夫や子どもが協力してくれないことには
なかなか結果に結びつきにくいですよね。

「使わない時はちゃんと止めて!」
なんて口うるさく言うと
反論されて喧嘩になったりして
お互い気持ち的にもしんどいです。

ならばもういっそのこと
『家族が使う時は水が止まらない』
と思うことにします(笑)。
訳分からない発想ですが、
こう思う方が気持ち的に楽になります(笑)。

じゃあ水道代の節約を諦めるのか?というとそれはNO!
もちろんできる限りのことはしますよ。

元栓を調節して蛇口から出る水の量を減らします

家族が一番使う頻度の多い水場といえば洗面所。
なので洗面所で使う水の量を抑えることがでれば
水道代の節約に大きく貢献できるわけです。

だいたいの家庭は洗面台下の収納スペースに元栓があると思うので、
出しっぱなしにされても許容範囲と思える量まで調節してみてください。
ただしあまりにも水量が少なすぎると
家族からブーイングが出てしまうのでほどほどに。

スポンサーリンク
 

今すぐ簡単に始められる水道代の節約術その③
ガンコ汚れはつけ置き

水を使う用途は色々ありますが、
中でも多いのが『汚れを落とす』時。

ご飯粒がこびりついた茶碗、
急須や麦茶ポットの茶渋、
泥だらけになった子どもの靴や服、
汗ジミや黄ばみのついた夫のYシャツ、
汚れを落とそうと流水でゴシゴシ洗っていませんか?

汚れがガンコであればあるほど落とすのに時間がかかりますし
その分多くの水を使います。
それだと時間も水ももったいないですよね。
それに素材や生地を傷めてしまう原因にもなります。

そんな時は『つけ置き』。
しばらく水につけておくことで汚れが取れやすくなります。
ただし汚れの種類によっては
ただ水につけておいても落ちない場合もあるので、
冷水ではなくお湯にしてみたり、
重曹やクエン酸、オキシクリーンなどの洗剤を併用するのがオススメです。

今すぐ簡単に始められる水道代の節約術その④
まとめ洗い

例えば食器を洗う時。
食器1枚ずつ洗剤をつけて洗い流していくのと
最初に全ての食器に洗剤をつけておいて
最後にまとめて洗い流していくのとでは
断然後者の方が効率的ですし結果的に節水になります。

水は上から下へ流れていくものなので、
蛇口付近で食器を洗っている間に
シンクに置いてある食器たちにも水がかかって
ある程度の洗剤を落としておいてくれます。

これと同じ技がお風呂で体を洗い流す際にも応用できるんです。

まずは先に髪にシャンプーをつけて洗い流します。
その後コンディショナーをつけて
髪になじませている間に体を洗います。
体に泡がついたまま、次に洗顔。
全身に洗剤がついた状態で最後に頭から洗い流します。

上から順に洗っていくことで
しっかり汚れが洗い流されますし、
各部位ごとに洗い流すより節水になります。

まとめ洗いといえば
洗濯物をある程度ためてからまとめて洗う
といった節約術を紹介している人もいますが、
個人的にはオススメしません。

というのも、
汚れたものを放置すれば雑菌が繁殖して不衛生ですし、
時間が経てば経つほど汚れ自体も落ちにくくなります。

洗濯物ついでに言うと
湯船の残り湯を洗濯に使う人もいますが、
一度使った水はやはりキレイとは言えないので
もし使うのであれば最初の『洗い』の段階で。
すすぎや仕上げの段階はキレイな水を使いましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
今回は私が実践している水道代の節約術についてご紹介しました。
参考になれば幸いです。

お金をかけず簡単に今すぐ始められるのでオススメです♪
一緒に節約頑張りましょー!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク