コスメ好き30代主婦が綴る節約奮闘日記

趣味を楽しみながら節約も頑張る30代主婦が実践する節約法やお得情報をご紹介

やりくり上手が意識している4つの管理術とは?

f:id:kashikochan:20170709163120j:plain

『30代でマイホームをキャッシュで購入した』
『毎年家族でグアムやハワイへ海外旅行に行っている』

そんなお金いつの間に貯めてたの?!
と思わず聞いてしまいたくなるようなやりくり上手な人、周りにいませんか?

共働きのDINKS世帯や核家族なら
お金が貯まりやすいのは何となく想像できますが、
ごく一般的な平均的年収のサラリーマンの夫に専業主婦の妻、
子どもは3人いて食費も養育費もかかるはず。
なのにどうやってそんな大金を貯めたんだろう?

本人に直接聞いてみても、
「頑張って節約したんだよ~」で終わり。
何をどうやって節約したのかが気になるんだよ!っていうね(笑)。

やりくり上手な人は様々なことを『管理』しています。
そしてその管理術が節約を成功させる秘訣なんです。
というわけで今回は
『やりくり上手な人が意識している管理術』
についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク
 

やりくり上手が意識している管理術① 必要経費の管理

やりくりに最も重要な管理といえばお金の管理
月々の出費には家賃・光熱費・通信費といった固定支出と
食費・日用雑貨費・娯楽費といった変動性のある支出があります。

これらの支出に予算を設定し、
その予算を超えないようにうまく調節していくのがお金の管理です。

先のことを考えず手元にある分だけどんどん使っていけば
いざという時の出費に対応することができず困ってしまいます。
そういった予測不能な事態にも対応できるよ、
日頃からそれぞれの項目にいくらかかっているのかを把握し
予算の割り振りをしておくことが大切です。

やりくり上手が意識している管理術② 予定の管理

やりくり上手な人は目先の支出だけでなく、
先々の予定もチェックしています。
例えば

  • 自動車税や住民税などの税金徴収
  • 家族や友人の誕生日に渡すプレゼント
  • ハロウィンやクリスマスなどのイベント行事にかかる費用
  • 年末年始やお盆の帰省や旅行にかかる費用

などの決まった支払いや年間行事の予定。
特に税金関連のような年に一度の支払いは忘れやすく、
納税通知書が送られてきて
「あっ!そういえば!」と慌ててしまうことも。
誕生日祝いや季節行事では
プレゼントを渡したりいつもより豪華な食事を用意すれば出費がかさみますし、
帰省や旅行には交通費や宿泊費などが必要になります。

こういった予め分かっている出費を事前に把握し、
月々の収入やボーナスから少しずつ貯めておけば
慌てることなくやりくりがスムーズにできます。

スポンサーリンク
 

やりくり上手が意識している管理術その③ 在庫の管理

いざ使おうと思ったら在庫を切らしていて、
買い足ししなきゃいけなかったのを忘れていたパターン。
人間なんで『ついうっかり』しちゃうことも時にはあります。
とはいえ、あまりにその頻度が多いようでは
やりくり上手には程遠くなってしまいます。

在庫を切らしたものが急を要するものであった場合、
その時点で買いに走れば
偶然タイミングよく特売で安く売られていない限り
定価もしくはそれ以上の値段で買わなければいけなくなってしまいます。

やりくり上手の鉄則は

  • 商品を定価で買わない
  • できるだけ安い値段で買う

消費ペースにもよりますが、
在庫が切れて慌てて買いに走ることのないよう
最低1つはストックしておくと安心です。

やりくり上手が意識している管理術その④ お得情報の管理

同じ商品であれば1円でも安く買うのがやりくりの基本。
その為には日頃から特売やキャンペーンなどのお得情報に
アンテナを張っておく必要があります。
他にも

  • 特定の期間中に商品を購入するとポイントが追加でもらえる
  • まとめて〇個買うと〇円割引
  • シールを集めて応募すると必ず〇〇がもらえる

といった店独自のお得イベントが開催されていることもあります。
これらの情報をいかに早く多く知っておくかで
やりくりの出来に差が出てくるので、お得情報もぜひ活用しましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
やりくり上手が意識している管理術について

  1. 必要経費の管理
  2. 予定の管理
  3. 在庫の管理
  4. お得情報の管理

についてご紹介しました。
参考になれば幸いです。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク